究極のめんどくさがり

公開日: 

極度のめんどくさがりの28歳の女です。

まずなにがめんどくさいか。

それは毎日の化粧落とし。

元々顔に水をつけるのが苦手なので、ましてやふわふわの泡を使って洗顔をするときは毎回大変な思いをして顔を洗っています。

そんなめんどくさがりがたどり着いた究極のお肌のお手入れ・・・
それは何も塗らないということです。

お風呂上がり、普通なら化粧水や乳液をつけるものだと思いますが、私は、いい匂いのする某ボディクリームをちょんちょんと顔に塗るだけ。

いい感じに滑ってくれるので、塗りながら顔のリンパマッサージをして終了。

目の下のクマが気になっているので、週に1回ほど目の下だけパックをしますが、それ以外はボディクリームのみです。

朝起きて普通にお水でパシャパシャと顔を洗い、お風呂上がり同様、ボディクリームを塗って、アイラインだけ引いて外出。

ファンデーションは塗りません。

上着やマフラー等にファンデーションがつくのが嫌なので、いつもお肌はすっぴんです。

外出中も感想が気になればボディクリームを塗りますが、気にならなければいつもそのまま。

なので、午後の化粧直しも必要ありません。

家に帰って来てシャワーをし、またボディクリームを塗って、1日が終わります。

高いクリームは確かにいいですが、私には高くて経済的に続かないので、ボディクリームくらいがちょうどよかったです。

また、ファンデーションを塗らない選択をしたことで、化粧の落とし忘れもなく、毛穴も綺麗なままです。

めんどくさいから始まった私のお肌のお手入れ方法はいかがでしょうか。

普段の肌の手入れ方法や悩みについて

私は普段、朝はお湯だけで洗顔し、夜は入浴時にパーフェクトホイップで洗顔後、ニベアで保湿する、といったお手入れをしております。

こだわりは、朝の洗顔と夜の保湿にあります。

以前私は、朝も洗顔料を使い洗顔していたのですが、肌荒れ、特にニキビがなかなか治らず、悩んでいました。

そこで洗顔について調べたところ、京都の舞妓さん、芸者さんは、肌荒れ防止のために朝は真水だけで100回洗顔をする、という情報を目にしました。

ニキビに悩み、良いと思って朝も洗顔料で洗顔していた私には驚きの情報でした。

それから、その情報をもとに、朝の洗顔料での洗顔をやめ、試行錯誤し、今の洗顔方法に落ち着きました。

その洗顔方法とは、朝、ぬるま湯で五回だけ顔をゆすぐといったものです。

一見、普通のことかと思われそうですが、この洗顔方法を試してから、朝の乾燥、ニキビが落ち着いたので、私にとっては大事なこだわりです。

次に、夜の保湿についてのこだわりですが、洗顔料で洗顔した後、タオルで拭かず、顔に水滴がついたまま二ベアを塗る、というものです。

これは、冬の乾燥に悩んでいた私に、美容に詳しい友人が教えてくれたもので、半信半疑で試してみた結果、翌朝の化粧ノリが抜群に良く、そこから変わらずに行っている方法です。

旦那の生活や趣味での関係上、あまりお肌に良い生活をしていないのですが、この方法を試してみてから、肌の色も明るくなり、肌荒れや毛穴の悩みも気にならなくなったので、これからも続けていこうと思っています。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑