高価でなくても、デイ―リー使いの化粧品で美肌効果を

公開日: 

肌のお手入れには長年苦労しています。

もともと自分の肌質が一定でなく移ろいやすいのですから当然かもしれません。

10代~20代はニキビが非常にできやすかったのも、そのせいかもしれません。

テスト勉強などちょっと徹夜したり体が疲れたりすると、すぐにおでこやあごにニキビが出てきていました。

しかも一度できてしまうと皮膚薬を塗ってもなかなか治ってくれず、しかもニキビはどんどん大きくなって痛みが増すし、困ったものです。

ニキビケアにと市販の塗り薬を塗ったりしましたが、一度母親から勧められた馬油は、さすがにまずかったようでした。

オイリーな状態のニキビの上から油を塗ったわけで、ニキビの化膿がさらに悪化してしまい、それ以来馬油は乾燥肌にのみ効果がある、ということを痛感しました。

現在、基礎化粧では保湿とクレンジングに気を使うようにしています。

メイクをした日は、当たり前ですが洗顔のときにしっかりクレンジングをしています。

最近はクレンジングにもオイルタイプとリキッドタイプがありますが、オイルの方が化粧もしっかり落とす分肌の潤いも取られやすい気がするので、しっかりメイクでない自分にはリキッドタイプの方がマイルドで合うような気がして、リキッドの方をずっと使っています。

洗顔後は化粧水と、乳液で保湿。

最近は美容クリームも配合のものを使うようになりました。

特に高価なものということよりも、自分の肌に合っていることと、こまめに潤い補給できることを重視しています。

あまりに高価でちょっとずつしか使えないものよりも、ある程度安価で惜しみなく使う方が保湿にも効果的かもと思います。

基本の保湿に加えて、シミやしわの気になる部分についてはそれ専用の化粧品を用意して、ピンポイントで気になる部分をケアしています。

スキンケアは簡単に。

私はめんどくさがりなので、なるべくならスキンケアはシンプルに簡単に済ませたいといつも思っています。

少し敏感肌でもあるので、オーガニックのスキンケアや、無添加のものなどに興味があります。

スキンケアは簡単に済ませたいと言いつつ、オールインワンジェル等には、少し抵抗があります。

洗顔後の肌にいきなりオールインワンジェルをつけるのは少し勇気がいりますし、なんだか保湿効果も物足りません。

結局、美容液、化粧水、乳液、クリーム、アイクリームを時間をかけて使っていました。

時間に余裕がある時は美顔器でお手入れもしていました。

でもやっぱり面倒です。

仕事で疲れている日は、美容よりも早く寝たいと思ってしまいます。

今はその日の自分のテンションに合わせてスキンケアの方法を変えています。

朝はとにかく時短が一番です。

でもしっかり保湿はしたいので、洗顔後すぐにシートマスクを使い、その後は日焼け止め効果と下地効果のある乳液を使います。

あと最近の肌の悩みは、目尻のシワや、シミ、そばかすなので、アイクリームとビタミンCの入った美容液も使っています。

夜は、化粧水の後にオールインワンジェルをたっぷり使い、後は朝と同じく、アイクリームと美容液です。

最近はこのお手入れ方法が気に入っています。

そして私のこだわりは、家に帰ってきたら、すぐにメイクを落とす事です。

1秒でも早く肌を休ませてあげたいので、帰ってきたら手洗い、うがい、メイク落としです。

もう10年以上続けています。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑